今週の説教

説教要旨  
  1月24日 力になりたいから
     
 ローマの信徒への手紙1:8~17  大村 栄

◇「16:わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです」。

◇私は子供の頃「福音を恥と」した経験を持つ。父が戦後新宿区に開拓した小さな教会で生まれ育った。高度成長で豊かになる時代だったが、小さな牧師館は時代に取り残されたように貧しかった。教会が語る「福音」とやらは、この豊かな社会では何の輝きもないのかと、子供心に躓きを覚えたものだ。

◇しかしそんな豊かな時代だからこそ、物質では満たされない、真実なものを求めて教会に集う人々がおり、その人々の求めに、「福音」を伝えることで応えようとする教会の尊さにやがて気づかされ、18才で信仰告白をして、気が付けば牧師になっていた。

◇コロナ・ウイルスによって社会全体が不安のどん底にある。しかし、今こそ教会は改めて「福音を恥としない」という姿勢を確立し、神の愛を告げる福音を、この時代に宣べ伝え、証ししたい。

◇「11:あなたがたにぜひ会いたいのは、"霊"の賜物(福音信仰)をいくらかでも分け与えて、力になりたいからです」。教会が世に提供できるのは物質的なものではない。どんな時代にも変わらず、「信じる者すべてに救いをもたらす神の力」である「福音」を宣べ伝える。

◇それをもって教会は社会と世界の「力になりたい」。家族や友人、隣人たちの「力になりたい」。お互いに福音を信じる者同士、この時代の中で「14:果たすべき責任」を果たそうではないか、とパウロは私たちとこの教会にも訴えているように思う。

日本キリスト教団 習志野教会    〒262-0044 千葉市花見川区長作町1630-14 

Mail : info@narashino-church.com  TEL&FAX 043-306-5766